R&Oリハビリ病院グループ

医療・リハビリ・介護の方針

医療の特徴

確かな技術と医療の質

関節外科、スポーツ整形外科、脊椎外科の各専門医による手術は、全国レベルで高く評価を受けています。

人工関節置換術や前十字靭帯・半月損傷に対する手術は県内有数の手術件数を誇り、2018年より身体への負担が少ない脊椎内視鏡手術も導入しました。
手術後は退院後の生活に合わせたリハビリプランを立案・実践しています。

外来リハビリテーション

リハビリテーション医療を軸に予防から運動・生活機能回復、再発予防に取り組む地域の皆さまに、総合病院・診療所からの紹介による専門医・神経内科医・整形外科医の診察を行います。

専門医の診察を基に、評価機器により細部にわたる身体のバランスを計測しながら骨折や腰痛などの整形疾患の再発防止につとめます。

手術実績

手術件数(1998年~2019年度)

リハビリテーションの特徴

密度の高いリハビリテーション

一日も早い在宅復帰に向けて、1年365日、土日もお正月も休むことなく、1日2~3時間の密度の濃い集中的なリハビリテーションを行うことで、患者さんの一日も早い自宅復帰をめざします。

セラピストの充実

より良いリハビリテーションのためには、患者さんと直接ふれあうセラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)一人ひとりの質向上が欠かせません。

現在、R&Oグループ内には200名程のセラピストがおり、きめ細やかな研修・教育システムを通じて、最新の医療知識の習得に努め、スキルの向上を図っています。

介護の特徴

個室を中心としたユニットケア

介護老人保健施設エスコートタウン静清では、ユニット型を採用しています。私たちのユニットケアは介護する側もされる側もひとつになることです。

「気兼ねなく一人になる時間」、「少し気を張って他人と過ごす時間」のリズムを守り続けることを大切にしています。
笑顔を取り戻し、あなたのままで暮らしていただくことが、私たちのユニットケアが目指すところです。

24時間の介護体制

医師の指示のもと介護スタッフは、日々の健康状態や投薬などの全身管理をいたします。安心の24時間介護体制で、日常の小さな心身の変化に目を配ります。

最も身近なケアをさせていただく介護スタッフ(エイド)は、同じ目・同じ心で感じることのできる感性を大切に、24時間寄り添う介護体制で良き聞き手・癒やし手となります。