R&Oトピックス R&Oリハビリテーション病院グループの各施設、各部門からのお知らせです。

背景

  • お知らせ2018.03.12新規バスケットボールチームのスポンサー就任のお知らせ

2018年03月12日

b004

静岡市初のB.LEAGUE加入を目指す、新規バスケットボールチームのスポンサー就任

医療法人社団アール・アンド・オー(静岡市葵区)は、2018年3月12日月曜日に静岡市役所8階記者クラブ(静岡市葵区追手町5-1)にて下記発表を行った。

静岡県静岡市発展と、市民の健康増進及びスポーツ振興のために、医療法人社団アール・アンド・オーは静岡市においてBリーグチーム発足に向けて、新規バスケットボールチームのスポンサーを開始すると発表した。
特定非営利活動法人「静岡エスアカデミア・スポーツクラブ」が母体になり、2018年4月より活動を開始する。

Bリーグ(B.LEAGUE)とは、日本のバスケットボール界をより発展させ、より良い未来を築くために「世界に通用する選手やチームの輩出」「エンターテイメント性の追求」「夢のアリーナの実現」の3つの使命を果たすことを約束し、運営される団体を指す。

医療法人社団アール・アンド・オーは、2017年9月から清水エスパルス(Jリーグ)のスポンサーも努めており、静岡市民の健康増進にスポーツを通じて啓蒙してきた。今後は、Bリーグを通じて更なるスポーツ振興、健康増進を図り、人口減少に至っている静岡市全体の活性を促していく。
市民にも改築が期待されるBリーグで利用できるアリーナの建設推進や、観光でのアピールなどを通じて静岡市の発展を願っている。

b052

■記者会見での発表内容(一部抜粋)
新バスケットボールチーム設立の経緯
特定非営利活動法人静岡エスアカデミア・スポーツクラブ 代表理事 山﨑 俊昌

http://www.ss-academia.jp/

昨年スタートした「Bリーグ(B.LEAGUE)」で、山﨑氏自身も現地の代々木体育館でのチャンピオンシップファイナル(栃木ブレックスvs川崎ブレイブサンダース)にて、会場が中堅都市である栃木のユニホームカラーに染まり、ファンが一生懸命チーム名をコールしている様子をみて、同じ景色を静岡でも実現したいと考えた。
静岡市内での部活のガイドラインが変更になり、クラブチームへシフトしていく上で、小・中学生が将来目指すべき頂となる「トップチーム」の存在が必要だと強く感じ、Bリーグを目指すチームを静岡市内に立ち上げる決意をした。
2018年4月に静岡県の社会人連盟内で「静岡エスアカデミア・スポーツクラブ」として活動し、Bリーグへ挑戦するために必要な「準加盟規定」を取得する計画。
チーム名は、静岡県でトップになり、ホームタウンの静岡市が支援許可を得た時点でチーム名を公募予定。

スタッフ陣営について
学校法人 常葉大学 生涯学習学科 准教授 木宮敬信

http://www.tokoha-u.ac.jp/department/education/lifelong/index.html

b030

地元密着型のチームを目指し、静岡県出身、または静岡県に所縁のある選手を集めたい。
国体の静岡県代表チームの監督を勤めていた経験・ネットワークを生かし、選手を募る予定。現役Bリーガーへのアプローチは現シーズンを待ってアプローチを検討する。
発足当初は10名程度の規模でのスタートを想定しており、「選手ありき」のチーム編成を目指していく。
■記者会見でのコメント(一部抜粋)

医療法人社団アール・アンド・オー 理事長 鈴木延幸

http://www.r-and-o.jp/

b046

医療法人社団アール・アンド・オーでは、県内でも珍しいスポーツ整形に特化した「静岡リウマチ整形外科リハビリ病院」でアスリートらの怪我の治療やリハビリ支援を行なっています。
以前より、静岡市に根ざす医療法人社団として「地域に貢献したい」と思いを強く持っており、スポーツ振興を通じた地域の皆様の健康増進や活性化の一翼を担いたいと考えております。
静岡市から新たなBリーグに参戦するバスケットボールチームが誕生するよう、全力でバックアップして参ります。

b082

Bリーグ(B.LEAGUE)概要はこちら

https://www.bleague.jp/about/

https://www.bleague.jp/

【本件記事作成元】
医療法人社団アールアンドオー (静岡市葵区春日2丁目12−25)
広報・企画 担当:望月

一覧へ戻る

背景

page_top

PCサイト

スマートフォンサイト

Copyright© R&O Medical Corporation. All Rights Reserved.