R&Oスタッフブログ R&Oリハビリテーション病院グループのスタッフブログです。

背景

  • 2014.10.20オーストラリア研修

2014年10月20日

初めまして、静清リハビリテーション病院1年目の理学療法士 鶴岡、
鈴木、安田、櫻井です!
ゴールドコーストへの海外研修に参加していきました。
笑いあり、涙ありの4日間(機内泊含む)。
貴重な体験記をぜひご覧下さい。
  
まずは、1日目―!
 
カランビン ワイルドライフ サンクチュアリ!
 
日本を飛び立ち8時間30分、到着時刻は朝の6時30分オーストラリア
ゴールドコーストに到着です。
まず私たちが向かった場所はオーストラリアの動物園
「カランビン ワイルドライフ サンクチュアリ」という所です。
ここでは、朝食を食べ、コアラやカンガルー・タスマニアデビルなど
オーストラリアでしか見ることの出来ない動物を見ることが出来ました。
日本の動物園と少し雰囲気が違い、各コーナーに分かれているのでは
なく、放し飼いに近い状態でした。サファリパークのような印象です。
コアラが目の前の木を昇っていたり、カンガルーがお昼寝をしているのを
見たりと自由なライフスタイルでした。
 
20141008-01.jpg
 
20141008-02.jpg
 
 
そして、ゆっくり飛行機の疲れを癒してからの・・・
ここからが本番!
 
有料老人保健施設:BUPA(ブッパ)の見学
 
BUPAとは”幸せの家”という意味があります。
 ケアの重症度により居住場所が分かれており、全三箇所の区切りと
なっていました。一つの区域に48名が利用しており、軽度・重度と
区切られています。さらに個別に認知症の利用者様に分かれています。
 職員は、正・準看護師、アシスタントナース、介護士、
リハビリアシスタント、PTとなっています。
 まず、PTが利用者様の評価を行い、その評価に対しての訓練プログラム
設定します。その後リハアシスタントやその他のスタッフにより
訓練が実施されます。
 利用者様の介助は基本的に介助者が行なうのではなく、移乗専用の
機械(以後リフター)に利用者様を乗せて行っていました。
この施設では抱きかかえる介助は禁止となっており、リフターを
使用することで介助者の負担を軽減させているそうです。
 
20141008-03.jpg
20141008-04.jpg
 
 
20141008-05.jpg 
 
さらに、歩行訓練など動作訓練時は身体に帯状の紐をまき、その紐を
介助者が支えて訓練を行うそうです。腋窩介助で行うと肩の骨折に
繋がるという理由です。なおかつ、オーストラリアが人は肌が薄いため、
直接触れて訓練を行うということはしないそうです。
 
その道具がこちらです。
 
20141008-06.jpg
 
       
ブッパでは、車椅子を使用して移動している利用者様は全体の15%程で、
その他の方々は重症度関係なく皆歩行器を使用しているそうです。
ちなみに、現在のエスコートは75%の利用者様が車椅子使用となって
います。 
 
20141008-07.jpg
 
 
認知症の方で突発的な行動を起こしやすい人はどうなるのか、と感じる
方もいらっしゃるかと思います。認知症の方はさらに別館で暮らされて
おり、個人の部屋の入り口にセンサーが取り付けられています。
センサーは、部屋に入った時に感知しスタッフが対応しているそうです。
 
 
つづいて2日目!
 
グリフィス看護大学研修
 
2日目にグリフィス看護大学に研修させて頂きました。
こちらの大学では1995年まで大学病院があり、学生達はその病院で看護の
勉強・実習をしていたそうです。現在では、大学になっており
オーストラリアの病院で実習されるそうです。
 
20141008-08.jpg
20141008-09.jpg
     
大学の設備が整っており、様々な実習経験を積むことができます。
例えば心音、呼吸音、心電図などを計ることのできる人体模型があり、
採血の実習や嚥下の実習などが行えます。
そして一番驚いたのが、看護師の資格を取る際に国家試験が必要ない
ことです。
大学側の試験に合格し教員らの認定を受けることで、はれて看護師に
なれます。
またクリニカルコンサルタントナースという、ナースがリハビリを
行うことができる職種があるそうです。この職種になるためには
ナースの仕事を3年間、その後リハビリの臨床を5年間続けた人が
なれる職種だそうです。
 
20141008-10.jpg
 
20141008-11.jpg
       
現在、オーストラリアも日本と同じく高齢化が進んでおり、課題となって
います。オーストラリアの政策としては看護業界だけでなく国としての
問題とし、地域医療に力を入れているそうです。
国は違えど、このような共通した問題に対し意見交換でき、大変勉強に
なりました。
 
 
3日目!ムービーワールド
 
3日目はゴールドコーストにあるテーマパークの一つであるムービー
ワールドに行ってきました。日本でいうユニバーサルスタジオ
(略してUSJ)のようなテーマパークでした。
 
20141008-12.jpg
    20141008-13.jpg
 
天気は雨! オーストラリアは基本乾燥しており、年間で雨という気候は
数える程しかなく稀なのだそうです。ラッキーなのかそうでないの
か・・・。
 
バッドマンやキャプテンアメリカなどワーナーブラザーズに関係した
アトラクションがあり、キャットウーマンやバッドマン等キャラクターが
数多くいました。その中で、アトラクションに乗って酔ったりもしました
が、その日一日を楽しみました。
 
20141008-14.jpg20141008-15.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に、
ホテル付近の街の様子を紹介します。
 
20141008-16.jpg
 
20141008-17.jpg
   
ホテルはゴールドコーストの街の中にありました。
街には路面電車が通っており、多くの観光者がいます。
夜は若者達が飲み屋で賑わっているようです。
変な人に絡まれないよう気を付けましょう!(実際いました)。
 
 
20141008-18.jpg
 
20141008-19.jpg
 
ゴールドコーストといえば約40kmに及ぶビーチが有名です。
こちらはホテル近くのサーファーズパラダイスという所です。
 
 
20141008-20.jpg
   
20141008-21.jpg
 
こちらはQ1タワーといい、77階建ての建物の最上階からゴールド
コーストの街が一望できます。
 
4日間という、長いようで短い時間。あっという間に過ぎました。
日本とは違う環境の中で、とても学ぶもことも多く良い刺激となり
ました。この体験は忘れず、次に活かせていけたらと思います。
 

一覧へ戻る

背景

page_top

PCサイト

スマートフォンサイト

Copyright© R&O Medical Corporation. All Rights Reserved.